日刊 断酒美人

category: ―中国医学から学ぶ  1/2

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

秋の過ごし方と心の在り方

おはようございます♪mii*です。昼間はまだまだ汗ばみますが、朝夕はすっかり秋を感じる季節に突入しましたね。二十四節気でいうとちょうど明日は【処暑】暑さが止まる頃・・・という意味合いのようです。...

  •  0
  •  -

○○が私たちの疲れた肝臓を癒します!

おはようございますmii*です中国医学では内臓と喜怒哀楽といった感情は密接に関係し合っています。肝(木)・・・怒る心(火)・・・喜ぶ・笑う脾(土)・・・思い煩う肺(金)・・・悲しむ腎(水)・・・恐れる・驚くお酒といえば肝臓ですね。肝臓は陰陽五行の五行でいうと木(もく)。...

  •  0
  •  -

夏に汗を流さないと・・・

No image

おはようございますmii*です大雨が過ぎ去り一気に夏本番。早朝から蝉の声が響き渡り時間感覚が分からなくなるほどです。ここまで暑いと朝から何もしなくても汗が流れてきて暑さもひとしおですが、汗を流すことは体内の気の入れ替えにもなるそうです。これが夏の間に上手く行われないと秋になって咳が出やすくなったり、冬に病気になりやすかったりするそうです。今朝は、中国医学の知恵より。健康で素敵な1日となりますように良け...

  •  0
  •  -

血は気の母

No image

おはようございますmiiですいわゆる運動が身体にも心にも良い理由は、血流を良くするから。中国医学で血(けつ)は、気(き)の乗り物だと言われています。つまり気持ちの滞りはいわば血の滞りなので、色々考えて非物質的である気分を良くしようと頑張るよりも、物質的である血を流したら同時に気も流れるので手っ取り早いということ。「血を流す」なので1番はは運動ですが、マッサージやお風呂も効果あり。血は気の母と呼ばれる...

  •  0
  •  -

内臓の高潮と低潮

No image

おはようございますmii*です私たちの内臓には働く時間”高潮”と休む時間”低潮”が存在すると言われており、私たちが気になる肝臓とその相方である胆嚢は、夜中23時~3時に最も良く働きます。その時間帯に寝ていることで、身体中の血液が肝臓に帰り、綺麗に滋養されてまた身体中を巡ります。ポイントは眠っていること。眠っていないと血液は肝臓に帰ることが出来ません。私は眠れないとき、五感を癒すことを考えてみます。目をホッ...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。